それぞれのペースに合わせた上達、楽しいクラシックバレエを目指しています。

 バレエスタジオNaNaは、2020年6月にオープンしたバレエ教室です。コロナ禍によりそれまで5年ほど続けていた淵野辺のバレエNaNaの活動を経て、こいずみひろばに移動。スタジオ活動は2年目となりました☺️

 生徒さん一人一人に合わせて基礎や身体の使い方を丁寧に確認しながら指導しますので、ゆったりとした雰囲気でクラシックバレエを習えます。バレエがはじめての人や上達に悩んでいる方、基礎を積んで確実に技術を向上させたい人におすすめです。

 

テーマ

 当スタジオは「日常に寄り添うバレエ」を目指して活動しております。

 敷居が高いと思われてしまうバレエですが、バレエらしさ、上品さ、美しさを目指す道は誰にでも開かれるべきという考えから、生徒の皆さまが気軽にバレエの世界に触れられる環境、無理なく通えること、バレエを習った時間が良い思い出や経験となるよう尽力しています。

 

 継続しやすい工夫

 まずは、自分の特徴をつかむこと。

習い事を始めた時に悩むのが、続けられるかということだと思います。バレエスタジオNaNaでは無理をして頑張るのではなくバレエを通して自分の心を見つめ、自然と通いたくなる、楽しむための趣味バレエや美容・健康維持のためのバレエを極めることを目標としております。

自分のペースで

 他人と比べたりするよりクラスの仲間と仲良く、穏やかに自分の内面を見つめ、それを磨いていくように指導いたします。当スタジオのカラーです。

 

本気で頑張る人への充実指導

 趣味でも確実に結果を出したい方、上達したい方へは個人指導を行います。カウンセリングと普段のヒアリングをもとに基礎知識の積み上げをお手伝いさせていただきます。

 プロを目指したいお子さまには個人指導、進路指導、コンクール指導で対応致します。

 

オープンクラス

 お月謝制にとらわれることなくチケット制を利用して好きな曜日に来て頂いたり、外部から不定期のビジターさんとしてクラスを受けて頂くことも出来ます。

 

基礎の大切さ

 クラシックバレエの基礎のメソッドは、ほぼロシアで完成されたものです。他の流派も魅力がありますが、留学経験、プロダンサーとしての経験上、ロシアバレエをおすすめします。

 小さい子にとってはつまらないものですが、他のスポーツをやる場合でも最初にクラシックバレエをやった方が良いと言われるほど、基礎習得による能力の向上は大きく、最終的に大きな差が出ます。その魅力と重要性が分かるまでは、かなり地味な道のりですが、努力の先に幅広い身体表現が可能になります。

 そのため、うちは難しいパをこなすよりも最初にしっかりとバレエの基礎と向き合い、基礎を正しく習得出来るまで習った方が良いという考えです。

 

お子さまの習い始めのタイミング

 集中力と理解力の関係で、4歳以上からのご入会をお薦めしております。

ボーイズも対応可能です。

 バレエは大人から習っても効果が大きいですが、幼少期に育てる筋肉や身体の質というのはとても重要で、その後の身体づくりや習慣、姿勢に大きな影響を及ぼします。数年程度やっておくと、運動神経、物事の細かい捉え方、音感など、後々の人生で役に立つことをお約束します。

 

トウシューズについて

 小学3年生くらいから、バレエの立ち方が習得出来た人から履くことが出来ます。

 

発表会について

 2022年度から、スタジオパフォーマンスや親子体験、授業参観を始めようと思っております。

うちのスタジオでは、お客さまそれぞれのレベルでバレエを楽しんでもらい、日々の充実したレッスンを提供することが重要と考えています。

まだ発表会は行わない予定ですが、希望者がいる場合は少しずつ舞台活動の機会を作っていきます!

教室の雰囲気が分かるギャラリーはこちら

ギャラリー

Ballet foto by Marton Apai,Kazumi Sakuta